かごのある暮らし(店主編)

こんにちは。征一郎です。

前回、三重県の小梅様からのトレッキング編に刺激を受け、
このたびはわたくし、店主編をお届けします。

先週は、友人と二人、錦秋の八ヶ岳を歩いてきました。
北八ヶ岳周辺は、あまりアップダウンが無い地形なのですが、
やはり日ごろの運動不足のため、何度か顎が上がり息がみだれ
とてもよいリハビリになりました。

この日はスタートした早朝から日が傾いた夕方まで、雲ひとつない
最高の天気。日陰のひんやり加減と、日向のぽかぽか度のバランスが
とても心地よく過ごしやすい気温の一日でした。

高度を稼ぐと見えてきたのは、南八ヶ岳の主脈と南、北、中央アルプス。
遠くは雪をかぶった上信越の山々と360度のパノラマが楽しめました。

右側の黒いのが僕です

絶景の岩場に腰掛けて、おひるごはん休憩。

写真は、友人所有の「岩手 こだわり弁当かご」です。

かごも美しいですが、おにぎりも大変立派ですね~。
なんとこのおにぎり一個は、お米約一合分。
あわせて三合分が、この後彼の胃に収まったということになります。

僕のおにぎりは小さめなので、4個入り。経木で覆っているので、
毎回水洗いする必要はありません。
そして、お湯を沸かし、おにぎりを頬張りながらしばらくおにぎり談義。
おにぎりの大きさや形、海苔の巻きかたって、知らず知らずのうちに、
母親ゆずりの形になってしまうのではないかな~ というのが二人の一致
する意見。なるほど、われわれのもたしかにその通りです。

冬の気配がすぐそこまで迫っています。
お昼を過ぎ、気づけば陽はすっかり傾いていました。

というわけで、かごのある暮らし 店主編は、弁当かごについてお伝えしました。