ラオスの首都ビエンチャン郊外の、小さな村につたわる
伝統の竹細工。

このドロップ型の浅ざるは、作り手さんたち自身も日々使う目的で
作られたもの。

簡素な作りで、製作の時に目印でつけるペンや鉛筆の跡も大胆に
残っています。日本に送ることなど考えずに自分たちのために作った
飾らない素顔が伝わる道具です。









東南アジア、インドシナ半島のまん中に位置するラオスは、
原生林の中を大きく蛇行するメコン川とともに、ゆったりとした
時間の流れる、森の国。

人口650万人ほどのちいさな国の中に、50ちかくもの民族が
それぞれの文化を保ちつつ暮らしています。

ラオスも竹の文化圏。
大小の竹かごやざるが、暮らしのあらゆる場面に登場し、
欠かせない生活道具として活躍しています。

作りたての緑色は、時間とともに茶色へと深まっていきます。

ラオス 竹ざる

価格: ¥2,000 (税込 ¥2,160)
数量:

返品について

材質
サイズ 約37-40 x 30-31cm
厚み 約5cm
生産国 ラオス
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 製作時のペンや鉛筆の跡が残っています。あらかじめご了承ください。
      
  • 自然の植物を利用した手作りの製品です。色ムラや黒ずみ、小さな割れ、表面の汚れなどが見られることがあります。製品の性質としてご理解ください。
  • 多少のササクレが見られますので、お使いの際にはお取り扱いにお気を付けください。
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態で使用・保管してください。(濡れたまま長時間放置しますと、カビが生じるおそれがございますのでご注意ください。)
  • お届け時の製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。またお使いいただくとともに、徐々に緑が抜け、茶色へと変化していきます。
  • サイズ・重量は、一点ずつ、多少の差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。