大分・別府で「竹楓舎」として活動する大谷健一さんの竹細工です。

シンプルに見えて、眺めるほどに複雑な構造が浮かび上がる亀甲編み。
その特徴を生かして正三角形に仕上げたこの一点には、
つややかな竹素材の魅力と、編みの技が詰まっています。

手ざわりはごく滑らかですが、しっかりとした固さのあるつよい作り。
縁は籐できっちりと巻き上げています。

1辺は25センチほどで、手に取りやすいサイズ感。
さほど場所を取らないのに、食卓上で十分な存在感を発揮してくれます。









水洗い可能ですが、長時間の水濡れは、黒ずみなどの原因となります。
ご使用後はしっかり乾燥させてから、保管してください。


別府は、竹工芸を町の産業として大切に育ててきた、
日本を代表するかご産地のひとつ。「別府竹細工」は
国の伝統的工芸品にも指定されています。

大谷さんは一級竹工芸技能士として、若手を牽引する立場で
活躍する一人であり、暮らしに寄り添う、美しく実用性の高い
かごを数多く生み出しています。

大分 真竹 盛皿 (三角)

価格: ¥8,800 (税込 ¥9,680)
数量:

返品について

材質 真竹(縁巻は籐)
サイズ 一辺の長さ 約25cm、
高さ 約5cm
生産地 大分県
ギフト対応 承ります。 ギフト対応について
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の植物を利用した製品です。素材の一部に小さなキズやササクレ等が見られる場合がございます。特に縁巻の籐は、表皮の剥がれや色むらの見られる素材となります。あらかじめご理解くださいませ。
  • 直射日光を避け、風通しのよい場所で、乾燥した状態でご利用ください。(湿度の高い場所に放置しないようご注意ください。)