大分に「別府竹工芸研究所」を構える 網中聖二さんによる
竹のトレイです。

別府竹細工の伝統的な技法をベースに、デザイナーとしての
経験を生かし、独自デザインの作品も多く手掛けている網中さん。

「リバーシブル トレイ」は、両面とも「表」として使える
手の込んだつくり。亀甲の編み模様が特徴的です。

焼きたてのパンやお菓子、お料理など、日常使いのトレイとして
お使いください。



薄いひごを2本、背中合わせに重ねて1本のひごのように編んでいく、
繊細な作業により作られています。

縁の部分には、こまかな切り込みを入れることで竹を曲げる
伝統の技を見ることが出来ます。








大分県出身の網中さんは、大学を卒業後、デザイン会社に就職。
東京で広告や雑誌の仕事に携わっていました。

2011年に帰郷。独特な開放感を持つ別府に魅力を感じて、
居を構えます。市民向けの竹の教室で学ぶうちに、リアルに
手で作る楽しさと、竹細工が持つ新しい可能性を感じて、
教室の講師である大谷健一氏に師事。

2017年に本格的に活動を開始し、現在は大谷氏が主催する
「竹楓舎」に所属しながら、自身も「別府竹工芸研究所」として
活動されています。

大分 真竹 リバーシブル トレイ (亀甲)

価格: ¥8,000 (税込 ¥8,800)
数量:

返品について

材質 真竹、籐
サイズ 直径 約24cm、
厚み 約1cm
生産地 大分県
ギフト対応 承ります。 ギフト対応について
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の植物を利用した製品です。素材の一部に小さなキズやササクレ等が見られる場合がございます。特に縁巻の籐は、表皮の剥離や色むら、変色等の生じやすい素材です。素材の特徴としてあらかじめご理解くださいませ。
  • 置いた時、わずかな揺れやがたつきが見られる場合があります。
  • 直射日光を避け、風通しのよい場所で、乾燥した状態でご利用ください。(湿度の高い場所に放置しないようご注意ください。)