長野・安曇野で活動を続ける、吉田佳道さんによる花籠です。

天に向かってまっすぐに伸び、しなやかに風に揺れ、光を通す、竹のたたずまい。
竹という素材がもつ、凜とした空気を伝える籠を心がけて製作しています。

材料となる一番細い竹ひごの幅は、わずか0.5mmという繊細さ。
なのに、むしろ素材の力強さが感じられるのは、卓越した技術に支えられた
表現の力によるものなのでしょう。







籠全体に光沢と奥行きを与えているのは、重ね塗りをした漆です。
内側にも丁寧に施してあり、色つやとともに、素材の強度を高める役割を
担っています。

「つかいやすいものを、ていねいにつくりたい」とおだやかに話す
吉田佳道さんの、丹念な仕事が伝わる花籠。

空間に変化を生み出してくれる端麗な一点です。


銅製の落とし、専用の紙箱が付いています。

吉田佳道 小の籠 (手付)

価格: ¥20,000 (税込 ¥22,000)
数量:

返品について

材質 黒竹、漆(落とし: 銅) ※紙箱付き
サイズ 高さ: 本体 約6cm+持ち手 約8cm、
最大部直径: 約5.5cm、
落とし直径 2cm
製作地 長野県
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 持ち手は装飾的なものであり、持ち運びに対応した強度ではありません。持ち手を持たないようご注意ください。
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態でご使用ください。湿気は劣化の原因となります。
  • より詳しい情報については、「この商品について問い合わせる」をご利用ください。