長野県に伝わる「松本箒」を手掛けている、
米澤ほうき工房の三代目職人 米澤資修さんによる箒です。

こちらは、定番の「手箒」を二つ玉で仕上げた、細長い箒。
床のちょこちょこお掃除に加え、棚の上や天井回りなど、
高い場所のお掃除にも向いていることから、
「はたき箒」と名付けられた一点です。

自家栽培のホウキモロコシの中から、穂先のコシと美しさに
こだわって厳選した素材を使用しています。
長い穂先を振ってみると、その弾力の高さがよく伝わってきます。

家具の多い場所や、手の届きにくいすき間、階段のお掃除など
にも活躍します。








上から、はたき箒/荒神箒/荒神箒 柄付き。


松本箒の歴史は江戸末期にはじまります。農閑期の副業として
地域に定着し、最盛期には120戸以上がたずさわっていた時期も。

米澤さんは、二代目であるご両親とともに、ホウキモロコシの栽培から
箒の製作まで、すべてご自身の手で行っています。

5月に種を蒔き、8月に収穫、脱穀、乾燥、質を見極めながらの
選別作業、、、と素材づくりには膨大な時間を要しますが、
質の高い箒がうまれる秘訣の一つはそこにあります。

長く使えて、作るにも使うにも電気が要らず、
農薬も使わずに土地を受け継いでいくことのできる箒。
古くてあたらしい生活の道具です。


長野 松本 はたき箒 (白糸/タモ柄)

価格: ¥13,000 (税込 ¥14,300)
数量:
在庫切れです

返品について

材質 ホウキモロコシ、タモ、麻糸、籐
サイズ
(外寸)
全長 約80cm、
横幅(先端) 約15cm
重さ 約150g
生産地 日本 (長野県)
ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

    箒のお取り扱いについて
  • 天然素材をつかった手作りの製品となります。一点一点多少の個体差があります点、
    あらかじめご了承ください。

  • 保管の際は、よく乾燥させ、風通しのよい場所に吊り下げた状態で保管してください。
    高湿度の状態で放置しますと、変質の原因となります。
    湿気が気になる時には、陰干しを行ってください。

  • 穂先をまっすぐに保つことが、長く使う秘訣です。使っているうちに穂先が曲がってきた場合は、
    軽く水に浸して直すことができます。飛び出した穂はカットしてください。

  • 穂先の汚れが気になるときは、水洗いも可能です。その際は飾り糸より上は
    濡らさないようお気を付けください。