つややかな木肌、かぐわしい香りの「青森ヒバ」のかごです。

作り手は、むつ市在住、1930年代生まれの柴田円治さん。
長年務めた青森の営林署を定年退職したあと、ヒバのすぐれた性質を
利用して、なにかモノづくりができないかと考え続けていたそうです。

3年の年月をかけて試行錯誤を重ね、細いテープ状に整えたヒバ材を
編んだ このかごが誕生。以来20年にわたり作り続けていらっしゃいます。

ヒバには、天然のアロマ成分が多く含まれているため、
すっと気持ちが落ちつくような清涼な香りが、しばらくの間続きます。










正方形の収納かごは、容量たっぷり。

柴田さんのお父さまは、鈴竹のかごづくりが盛んな岩手県一戸町のご出身。
柴田さん自身も、幼いころには、竹やカエデを使ったかご作りの作業を
手伝う機会があったそうです。

そうして知らず知らずのうちに身についていた手わざに加え、
長くヒバの試験林での仕事にたずさわり、木の性質を知り尽くしていた
柴田さんだからこそ生み出すことのできた、青森の風土を映す美しいかごです。


材はとても軽く、耐久性も備えていますが、底の角部分に強い衝撃を
与えると割れなどが生じる可能性がございます。
移動の際などは、ご注意ください。

材料の加工には、電動のカンナを使用しており、直接刃の当たる表面は
なめらかで光沢がありますが、裏面はややざらっとした質感です。
  

経年変化は比較的大きく、白色の印象は次第にキツネ色へと
変わっていきます。



国土の約70%を森に覆われた日本の中でも、下北半島・津軽半島に
広がる「青森ヒバ」の林は、とりわけ見事な地区として
「日本三大美林」の一つに数えられています。

寒さと雪の中で、他の木よりもはるかに長い年月をかけて、ゆっくりと
成長する青森ヒバ。木目がこまやかで美しく、緻密で狂いが少なく、
そして頑丈で腐りにくい材質から、高級建材として神社などの木造建築にも
古くから利用されてきました。

青森 ヒバ 収納かご (正方形)

価格: ¥9,500 (税込 ¥10,450)
数量:

返品について

材質 青森ヒバ
サイズ 上部 約32x32cm、
高さ 約16cm
生産国 日本(青森県)
ギフト対応 承ります。 ギフト対応について
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の木材を利用した手作りの製品のため、割れやささくれ、部分的な色むら等が見られる場合がございます。素材の性質として、あらかじめご理解ください。
        
    素材の内側は、表層がうすくはがれていることがあります。繊細な布地や衣類は引っかかる場合がございますので十分にご注意ください。


  • 形に多少のゆがみが見られたり、底のわずかなふくらみにより すこし揺れることがあります。
  • 使い始めは、ヒバ材特有の香りが比較的強く漂います。時間とともに徐々に薄れていきます。
  • 製品の色合いは、一つ一つ微妙に異なります。 経年変化により、徐々に茶色へと変化していきます。
  • サイズ、重量も一点ずつ多少の差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。

青森 ヒバ 正方形 (小)

¥3,500(税込 ¥3,850)

青森 ヒバ 正方形 (中)

¥4,500(税込 ¥4,950)