ポーランド中央部、かご作りのさかんなルチミア村に伝わる
ヤナギのかごです。

正面はふっくらと丸く、背面はフラット、底は半円形。
3本の足に支えられた「カヴォンツォク」は、
とても珍しい形をした独特のかごです。

ジャガイモやリンゴの栽培が盛んなこの地で、
収穫用の丈夫なかごとして、長く愛用されてきました。

大きく弓型に曲げた支柱の枝が、そのまま持ち手になっています。
手に持っても、床においても不思議にしっくりとなじむのは、
長い年月、人の暮らしに寄り添ってきた形だからなのでしょう。











ルチミア村は、中央ポーランドのヴィストゥラ川のほとりに
位置する小さな村で、自然が多く残り、水辺には多くのヤナギが
自生する光景が見られます。

カヴォンツォクは、今なお現役で活躍しています。
毎年シーズンになると、近隣の農家さんたちがかごを求めて
村まで集まってくるそう。

村では今も多くの作り手さんたちが活動しており、この特徴的な
かごの製作技術は、ポーランドの無形文化財にも登録され、
若い世代にも受け継がれています。





本製品は、ポーランドの非営利団体セルフェンタを通じて、
当店に届けられています。
同国各地に受け継がれてきたかご作りを次世代に伝えるため
調査、記録、そして作り手の支援などの活動を精力的に
行っています。

ポーランド ヤナギのかご -カヴォンツォク- (M)

価格: ¥11,000 (税込 ¥12,100)
数量:

返品について

材質 ヤナギ(接合部にワイヤーを使用)
サイズ
(外寸)
上部横幅 約33cm、奥行30cm
高さ 約23-27cm (+持ち手 約10cm)
重さ 約 600g
生産国 ポーランド
ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • ヤナギの枝を利用した手作りの製品です。色むらや変色、折れや割れ、表皮の剥離などが見られます。天然素材の性質としてあらかじめご理解くださいませ。また表面に綿毛状のちいさな新芽が見られることがあります。
     (表皮の剥がれの例)

    (綿状の小さな芽)

  • 使い始めは、ヤナギ独特の甘い香りが気になる場合があります。時間の経過とともに落ち着いていきます。
  • 湿度の高い場所は避け、風通しのよい乾燥しやすい場所でお使いください。
  • お届けする製品の色合い・形は、一点一点わずかに異なります。 またサイズ・重量にも、多少の誤差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。