タンザニア南部、イリンガ地方の伝統的なかごです。

葦の仲間で、現地の言葉で「ミルル」と呼ばれる草で
編まれています。

目の詰まったこまやかな編み目と、弾力のある手ざわりが特徴。
どんなインテリアにも合わせやすい、落ち着いた雰囲気です。

伝統的な円筒型に仕上げたこの一点は、高さ・直径ともに40センチほどの、
たっぷり容量。厚手のブランケットでも2枚ほど収まります。







横糸には濃紺に染めた素材を、縦糸には天然色を使った、大人っぽい
色使い。飽きが来ず、長くお使いいただけます。








アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロや、数多くの野生動物が
生息する国立公園を有するタンザニア。

南部のイリンガ地方では、水辺に育つ丈夫な草「ミルル」を編んだ
かご作りが、女性たちの手で受けつがれてきました。

一本一本とても密に編んでいくため、完成までには、小さなもので
1週間、大きなものには3週間ほどもの時間を要します。

タンザニア イリンガバスケット 深かご XL (ネイビー)

価格: ¥8,500 (税込 ¥9,350)
数量:

返品について

材質 草(ミルル) 
サイズ 上部直径 約40cm、高さ 約40cm
生産国 タンザニア
ギフト対応 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 手作りのため、サイズがひとつずつ微妙に異なり、また若干のゆがみや毛羽立ちがある場合がございます。表示サイズは目安とお考えください。
  • 構造上、底の中心部分に多少の突起ができます。底は完全な平面ではありませんのでご注意ください。

  • 水洗いはお避け下さい。色落ちの原因となる場合があります。