ECフィルム上映会、終了しました!

6月18日(日)までの約二週間、店内で常時上映を行っていた
ECフィルム上映会が終了しました。
特に最終日には、遠方からもたくさんの方にご来場をいただきました。

17日には、数多くあるECフィルムのタイトルの中から
「かごを編む」をテーマにした10作品の上映&トークイベントを行い、
30名以上のみなさんとともに鑑賞しました。

ガイド役をお願いしたのは、造形作家として活動している下中菜穂さん、
バスケタリー作家の本間一恵さんのおふたり。

30年来の友人でもあるという、お二人の息の合った解説を頼りに
映像をみていくと、普通では気がつきにくい微妙な手の動きや、
素材の特徴などを知ることもできて、一人で鑑賞するよりも
ずっと映像の中に引き込まれていきました。

本間さん所有のかごのコレクションも
多数お持ちいただきました。
こちらは、かご編み名人「ハタオリドリ」の巣。

皆で集まって、それぞれの知恵を出しあいながら、映像が物語るものを
紐解いていく、、、そんなECフィルムの楽しみ方を感じていただけた
のではないかと思います。

ECフィルムの貸し出しは、当店のようなお店や施設だけではなく、
個人やサークルなどでも気軽に利用できるそうです。
みなさまも機会があればぜひ、この貴重な映像の百科事典を
活用してみていただければと思います。
(ECフィルム公式サイトはこちら > http://ecfilm.net/

今回の企画展をきっかけに、映像で残すことの大切さを、
これまで以上に意識するようになりました。
当店では、様々なかご製品を扱っていますが、これから50年後も
同じように伝統をつないでいくことは容易ではないと思います。

これからも、かごがうみだされる産地の状況に関心を持って
足を運び、映像として記録していくという活動もしていきたいと
考えています。そして、いつか上映会という形で、みなさんに共有を
していけたらと思っています。

期間中にお運びいただいた皆様、開催を後押ししてくれた
下中菜穂さま、本間一恵さま、丹羽朋子さま、中植きさらさまに
お礼申し上げます。

カゴアミドリ
伊藤征一郎