かごのある暮らし:お茶の道具と木のトレイ

皆さま、こんにちは!

本日は、しばらくぶりに「かごのある暮らし写真」をお届けしたいと思います。

今日紹介しますのは、東京都におすまいのM様からのお写真。
これまで北欧のアイテムをいろいろとご購入くださっています。

北欧の木工品といえば、まずは洋風インテリアとのコーディネートが
浮かんでくるところですが、M様のお宅ではちょっと異なるようです。

紅茶、コーヒー、日本茶、中国茶、、、
ご自分で飲み物を入れるのがお好きで、そのための道具も
とり揃えていらっしゃるというキッチン。

ここで、「スカンジナビアン・ヘムスロイド」の定番ブレッドバスケットは
お茶道具入れとして活躍しているのだそうです。

カウンターキッチンにすっきりとおさまって

本来はパンかごとして作られている、北欧らしいデザインの
「ブレッド・バスケット」と、和のお茶道具。
意外な取り合わせですが、こんなにも違和感なく、すっと馴染むものなのですね!

一方リビングの方に眼を移しますと、、、

こちらは、白樺樹皮のキャニスター。

中にはキャンドルを収納しているそうです。

白樺樹皮のトレイには、アクセサリー。

北の国の自然から生まれた小さな道具たちが、
お部屋の隅々で暮らしのアクセントとして活躍している様子、
嬉しく拝見しました。

M様、大変ありがとうございました!

朝子