ボルガ地方のバスケット

こんにちは、朝子です。
初夏の風薫る、さわやかな週末です。

このところ、ウェブショップの方にも、東京・国立の実店舗の方にも、
かごといえばこれ!という定番品にくわえて、
新顔のかご達も、たくさん仲間入りしています。

今日は、先週から展開している、西アフリカの「ボルガ地方のバスケット」を
ご紹介したいと思います。

大きな草のかごに、革の持ち手のついた「ボルガバスケット」は
ご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。

でも今日ご紹介するのは、普通のボルガバスケットではないのです。

産地である、ガーナ北部の「ボルガタンガ」という街で
かご作りにたずさわる大勢の作り手さんたちの中でも、
最も優れた方たちの手で、最高の品質をめざして作られた
特別なバスケットです。

実際に手に持ってみると、仕上がりのみごとさに
うむ~!とうなりたくなってしまいます。

どこが違うかと言いますと、たとえばこんなところです。
 ・均整のとれた形
 ・目がしっかり詰まっていて、編みムラがない
 ・持ち手が、とにかくしっかりとして丈夫
 ・色と柄のうつくしさ

この最高のボルガバスケット、企画しているのはアラフィア社という
アメリカの企業です。

創業者はガーナの隣国、トーゴ出身の青年。
西アフリカの人々の厳しい暮らしを少しでも向上させることを目標に、
作り手の女性たちに十分な報酬を支払うことはもちろん、
売り上げの10%を注いで、数々の地域支援プロジェクトを
自ら実施している、というところに、創業者の高い理念を感じます。

そんなアラフィア社の「ボルガバスケット」、
ウェブの方では先週より発売開始しました!
http://kagoami.com/SHOP/90572/list.html

既にかなりの数が旅立ってしまいましたが、追加分がいくつか入荷しております。
近日中に、またウェブ上で販売しますので、どんな柄があるか、どうぞお楽しみに!

店頭でご覧いただくこともできますので、手に取ってみたいという方は
ぜひお立ち寄りくださいね。

朝子