東ティモールのこと。

日本では知名度の低い、東ティモールという国について、
もう少し触れたいと思います。

東ティモールは日本の真南に位置し、時差はゼロ。 海に囲まれた、
自然豊かな常夏の島国です。

海岸で遊ぶ子どもたち

けれども16世紀にポルトガルの植民地となって以来、
2002年に独立を果たすまで、歴史に翻弄されて続けてきた国でもあります。

人々は、たび重なる侵攻に苦しめられながらも、大地と民族のつながりを
深く意識することで、誇り高く生きてきました。

その一部は、2010年に製作されたドキュメンタリー映画「カンタ!ティモール」で
知ることができます。

独立後の主な産業はコーヒー豆の輸出。近年では、おいしいフェアトレード製品の
コーヒーとして、日本での認知度もあがっています。
東ティモール コーヒーの収穫

収穫されたコーヒーの実でいっぱいの、大きなかご

そして今も残る、豊かなかご文化。さまざまなかごがあるようですが、
その代表の一つが、今回当店で販売を開始した、椰子のかごです。

暮らしにかごが根付いているこの国においてさえ、安価なプラスティック製品が
大量に輸入され、作り手の数は着実に減っていると聞きました。

豊かさとともに様々なものを急速に失ってしまった、一時代の日本を
思い浮かべてしまいます。

かごをきっかけに、この国と、人々のくらしの様子を
たくさんの方に知っていただけたら、嬉しいなと思っています。

朝子