ギャラリーフェブの「かご展」 開催中です!

4月30日(土)より、「かご展」がはじまりました!
週末はたくさんの方にご来店をいただきまして、ありがとうございました。
 
開催中のご紹介が遅くなってしまいましたが、今日は会場全体の様子を

ご紹介したいと思います。

 
まず入って正面はこちら。
大分の鉄鉢かごや鹿児島のお弁当かごなど、九州の代表的な

白竹細工が並びます。

こちらは、国内外の手提げを揃えたスペースです。

東北各県のやまぶどう・くるみ・あけびや、岩手の鈴竹、長野の根曲竹など
熟練の職人の製品が並びます。

また、国内で活動するかご作家さんの作品、フランス各地の伝統的なバスケット
などなど、素材もかたちも充実した品揃えです。 

 
 
  
整理に便利な四角いかごが充実

そして、長野県外ではなかなか実物をみることが難しい「みすず細工」
ですが、このたび「松本みすず細工の会」さんのご協力により、
新旧のかご・ざるがあわせてご覧いただける貴重な機会となりました。
※旧製品は展示のみ
 
そして、もう一つの展示スペースに並ぶのが、東北沿岸部に伝わる
「漁港のかご」です。

岩手・宮古漁港の横田かご(鈴木利雄さん)、
福島・小名浜漁港の万漁かご(西山昭一さん)のご協力により、
港のかごとともに時代を過ごしてきた、お二人の軌跡を展示しています。
 
 

手と足を使い竹ひごを自在に操る、西山昭一さん。
(写真:大西暢夫さん)
 
横田かごを前に、優しい表情を浮かべる鈴木利雄さん。
誠文堂新光社「手作りする竹のかごと器」より
 
 
また、山形・関川に伝わるシナの手提げは、このたびのイベントにあわせて

オリジナルで製作いただいたもの。花模様、透かし編みなどバリエーションも
豊富です。

 
その他、たいへんうつくしい仕上がりの白竹の角物(大分・岩田淳子さん)、
竹のキッチンツール(高知・下本一歩さん)も豊富に揃いました。

 

今年も充実した見ごたえある展示となりました。
会期は、今週の土曜日(5/7)までとなっておりますので、ぜひお運びください!
※5/4 (水) はおやすみです

伊藤