ラトビアの職人に学ぶ ヤナギのトレイづくりWS

ラトビアの首都リガの工房から、地元に伝わる暮らしのかごをたくさん紹介してくださっているテュタンご夫妻。


今月末に来日するお二人を迎え、ヤナギ細工のワークショップを当店にて開催することとなりました!

ご主人のピーターさんは、熟練のかご職人。奥様のロリータさんは、何人もの職人を抱える工房全体の仕事を切り盛りしています。

 

今回、お二人に習いながら作るのは、「ウッドトレイ」です。

底部分は木の板を使い、側面をヤナギの枝を使って編み上げていきます。
キッチンやデスクまわりのスペースに活躍してくれそうなかたちです。
(仕上がりサイズは、おおよそ 横26cm、奥行18cm 前後となる予定です。)

 

ワークショップの進行ですが、ロリータさんが英語で作り方の説明を行ったあと、当方で日本語の補足説明をします。かご作りが初めての方、英語の苦手な方でも安心してご参加いただけます。

 

参加をご希望の方は、下記をご確認の上、メールにてお申込みください。

 

◆ ウッドトレイをつくる ワークショップ ◆

・日時:(1) 5月28日(月)  14:00~17:00  ※受付終了となりました
       (2) 5月29日(火)  9:30~12:30 ※受付終了となりました
・参加費: 5500円(税込)
・定員:各回8名(要予約)
 (限られた人数での開催のため、確実にご参加いただけることを
  ご確認のうえ、お申し込みをお願いいたします)
・必要なもの:エプロン、お持ち帰り用の袋

 

○ 受付方法:
Eメール「info★kagoami.com (★を@に変更してください)」宛てに、
お申し込みをお願いします。
タイトルを「ワークショップ参加」とし、お名前・電話番号(携帯電話)・
参加希望日時をあわせてお知らせください。お申し込みより二日以内に
確認のメールを返信いたします。
(当店からの返信メールが受信できるよう、設定をお願いいたします。)

 

※初心者の方を対象としているため、経験者向けの内容ではございません。
※ご友人同士の参加希望の場合も、それぞれご本人からのご予約をお願いします。

素材となるヤナギはすべて、ご夫妻の工房で自家栽培しているもの。
(底の板は、合板に穴をあけたものを使用します)

 

皆さまのご参加をお待ちしております。