「かごイチ vol.10」は、福島県金山町の「またたび工房・癒里」さんです!

 

◎ 出店者:「またたび工房・癒里(ゆとり)」 
 ※製品のみの展開となります。在店の予定はございません。

◎ 会期:2月10日・11日(土・日)10:30 ~ 17:00
◎ 製品:またたび素材のカゴやザル、手提げかご、アクセサリーなど
 
福島県大沼郡金山町は、人口二千人ほどの小さなまち。
ゆったりと流れる只見川と山々に囲まれた自然豊かな土地です。
 
冬は豪雪地帯となるため農閑期の手仕事が発達し、古くからかごやざるなど、身近な植物を使った道具づくりが盛んでした。
 
作り手の市川里美さんは、ご主人の仕事をきっかけに、10年ほど前に東京から家族4人で移住。山に囲まれた豪雪地域での暮らしははじめての経験でしたが、自然環境に恵まれ、伝統文化を色濃く残す奥会津の田舎暮らしに魅かれていきました。
 
その後、金山町に伝わるまたたび細工の存在を知り、地元の名人であるおじいさんに師事。山に入っての材料採りにはじまり、一からざる作りを学びはじめました。
 
もともと、ものづくりが得意だったこともあり、最近では編組品を専門とする工芸品展で、連続で入賞するほどの腕前に。二人の男の子を育てながら、金山町伝統のまたたび細工の文化継承を担う活躍をしていらっしゃいます。
 
材料をきれいに整え、ていねいに編み上げた市川さんのざるは、やさしいシルエットと
手当たりのよさが特徴的。毎日の暮らしをたのしむ道具としての魅力にあふれています。
 
「またたび工房 癒里(ゆとり)」 市川里美さんの作品をぜひご覧ください!

 
2015年 奥会津編組品工芸品展で金山町長賞受賞。
2016年 全国編組品工芸品展で奥会津編組品振興協議会長賞受賞。
2017年 奥会津編組品工芸品展で奥会津編組品振興協議会長賞受賞。