世界の手編みかごを紹介するオンラインショップです。
自然と寄りそい、文化を伝える、かごのある暮らしをお届けします。



新潟と県境を接する 山形県の関川の集落で作られている、
シナノキの手提げです。

関川は、「しな織り」の伝統を今に受けつぐ土地。
シナの樹皮から、手の込んだ方法で繊維を取り出して、布やかごを
生み出す技が、長く伝えられてきました。

「てんご」はもともと、山菜採りなど、山や畑仕事に欠かせない
道具として愛用されてきた腰かごにルーツがあります。

基本的な作りはそのままに、手提げ用にデザインを調整することで
しなやかなおでかけのかごに生まれ変わりました。











てんごの製作には、とても長い時間を要します。

シナノキを伐採し、樹皮をはがすのは梅雨の頃。
これを干してしっかりと乾燥させたのち、灰汁で煮たり、糠に漬けたり、
川の水にさらしたりといった、手間のかかる工程を経て、ようやく繊維が
姿をあらわすのは約半年後です。

さらにこれを裂いて、束にして撚りをかけ、ひも状にしたものは
たいへん丈夫で、よいかごの材料となります。

このような方法で作られるシナのかごは、今では ここ関川や、福島の
奥会津地方、北海道のアイヌの人々の間などにわずかに残るのみ。
大変貴重な存在となっています。

シナの繊維は、ロープの原料にもなるほどの強靭さをもち、すでに
縄文時代には、網や袋、衣類などに利用されるなど、日本人の生活に
深く根ざしてきた素材です。

シナの繊維には独特の香りがあります。使い始めは特に香りが
気になることがございますので、あらかじめご承知おきください。

山形 てんご

価格: ¥55,000 (税込 ¥59,400)
数量:

返品について

材質 シナノキ
サイズ 上部横幅 約36cm、底マチ 約10cm、
高さ 約28cm (+持ち手部 約14cm)
重さ 約350g
生産国 日本 (山形県)
ギフト包装 承ります。
ギフト・ラッピングについて
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然の植物を加工したものです。繊維の色むらや飛び出しなどが見られますが、天然素材製品の風合いとしてご理解いただいた上で、ご購入いただければ幸いです。
    また本品は、素材独特の香りがあります。使い始めは特に香りが気になることがございますので、あらかじめご承知おきください。
  • 風通しのよい場所で、乾燥した状態で保管してください。(湿度の高い場所に長時間放置しますと、カビが生じるおそれがございますのでご注意ください。)
  • 手作りのため、サイズは一点ずつわずかに差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。