世界の手編みかごを紹介するオンラインショップです。
自然と寄りそい、文化を伝える、かごのある暮らしをお届けします。



沖縄県の今帰仁村に伝わる、伝統のわらび細工です。

本島の中部から北部に多く自生する「わらび」(コシダ)は、
かごにすると、堅く丈夫で、水や湿気にとても強いのが特徴。

湿度の高い沖縄では大変重宝され、お茶碗の水切りや、
野菜や果物の保存など、日々の暮らしに欠かせない道具として
かつて盛んに作られていました。

よい材料を厳選し、手とハサミだけを使って複雑に編み上げた
職人のかごです。











根からどんどん繁殖するワラビは、子孫繁栄、商売繁盛の
縁起ものと考えられてきたそうです。

その年の春に芽吹いた若い葉の、まっすぐにのびた葉柄の部分が
素材となります。

採取は、その葉柄が かご作りに適した固さになる夏時期が中心。
採ったら、素材が乾燥してしまう前に、その日のうちに編み上げて
しまわないといけないのが大変なところです。

現在では、作り手さんはわずか数名を数えるのみに。
作り手の高齢化に加え、わらびそのものの採取が困難になって
きたことも、その大きな要因となっています。

沖縄の自然、そして暮らしから生まれた、わらびかご。
その技が途絶えることなく受け継がれていくことを願いたいと思います。

沖縄 わらびかご

価格: ¥15,500 (税込 ¥16,740)
数量:

返品について

材質 わらび (コシダ)
サイズ (外寸) 上部直径 約24cm
最大部直径 約27cm
高さ 約21cm
生産地 沖縄県
ギフト包装 不可の商品となります。
 

ご購入の前にご一読ください

  • 本製品は天然の植物を使った、昔ながらの実用のかごです。素材の表面には、色むらや黒ずみ、
    部分的な変色等が見られる場合がございます。本品の特性としてご理解ください。
  • 乾燥した状態で保管してください。(湿った状態で長時間放置しますと、カビや変色のおそれがございますのでご注意ください。)
  • より詳しい情報については、「この商品について問い合わせる」をご利用ください。