世界の手編みかごを紹介するオンラインショップです。
自然と寄りそい、文化を伝える、かごのある暮らしをお届けします。



  

北の国々で、昔むかしから愛用されてきた白樺のかご。
テープ状に整えた樹皮をしっかりと編みあげた、伝統のかごです。

フィンランドで長く製作をつづける女性の作り手さんによるもの。
ふっくらと均整のとれたシルエットは、この方ならではの仕上がりです。

イエローに近い、明るい色合いの樹皮を多く使った、あたたかみのある質感は、
そこにあるだけで森の空気を届けてくれるかのよう。
一方、太めに仕上げたハンドル部分は、とても丈夫に、しっかりと取り付け
られていて実用的です。

小ぶりのスクエア・バスケットは用途の幅が広く、使い勝手のよさが魅力。
キッチンをすっきり見せたいときの整理かごとしても、おすすめの一点です。







<白樺とフィンランド>
マザーツリーと呼ばれるほど、たくさんの恵みをあたえてくれる白樺の木。
土を肥やし、滋養に満ちた樹液をほとばしらせ、その樹皮は貴重な素材として
さまざまに利用されてきました。

とりわけフィンランドでは、白樺は神聖な意味をもつ特別な存在であり、
国樹として愛されています。
白樺のかごは「トゥオヒコリ(tuohikori)」と呼ばれ、この土地に生きる
人びとの暮らしを、ふるい昔から支えてきました。

樹皮の採取ができるのは、初夏のみじかい一時期のみです。
きれいにはがれた皮は、そのまま置くとクルリと丸まって使えなく
なってしまうため、重石で伸ばして乾燥させます。

ゴツゴツとした鬼皮をはがし、厚みを調整するなどの下処理ののち、
テープ状にカットして、ようやくかごを編む段階へと入っていきます。

皮革やコルクにも似た、しっとりと弾力のある手触りも、白樺素材の魅力の一つ。
時間ととも深まっていく色つやを楽しみながら、長く使い込むことができる、
すぐれた伝統工芸品です。

フィンランド 白樺 スクエアバスケット S

価格: ¥16,000 (税込 ¥17,280)
数量:

返品について

材質 白樺樹皮(成形のため内部にワイヤーを使用)
サイズ 約20x16cm、
底 18x12cm
高さ 約14cm (+持ち手部 約9cm)
重さ 約300g
生産国 フィンランド
ギフト包装 承ります。 ギフト・ラッピングについて
 

ご購入の前にご一読ください

  • 天然の白樺樹皮を使用した手作りの製品です。素材の表面には、自然の色むらやコブ、キズ・割れ等が見られる場合がございます。天然素材の特性としてご了承ください。
      
  • お届けする製品の色合い・風合いは、一点一点異なります。 またサイズ・重量にも、多少の誤差がございます。表示のサイズは目安とお考えください。
  • より詳しい情報については、「この商品について問い合わせる」から、お気軽にご相談ください。